So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

5月の窓から


洗面所のタオルが、何だかかわいくて、

少し笑ってしまったけど、

嘘をついて、ごまかした。



だって、君に似合わないんだもの。


外では、風が強く吹く音が聴こえてきて、

何だかふたりぼっち。



紅茶でも飲みます?」


うん。 あ、


コーヒーがいいな。




雪ぼうし


「このアメ、懐かしいでしょ?」


うん、けど。




君からもらうと何だか新鮮。




白い雪の中に隠した僕の想いも、


いつかは溶けてなくなるでしょう。




このまま歩くと滑ります

この歩幅で、このスピードで、

このまま歩くと滑ります。


ペンギン歩きでよちよちと、


かっこ悪いけど、


転ぶよりは、うん、ましか。。。




それはそうと僕は今

それはそうと僕は今
無性にラーメンが食べたくなって

ちょっと、そこらを歩いてみれば

行列だらけの店ばかり


昼どきのラーメンは

うん、おあずけで。。。



小さな窓辺、または狭き門


午後の雨の中を歩いてる
人々を眺めて思うのは



「秋が来る」





なーんて



いつの間にか君はそばにいて
僕を嘘つきだって思うんだ



君にとってこの世間とは
さして興味を引くものではない




それならもっと
優しくなれたらいいのになあ



いつの間にか君は泣いていて
僕を嘘つきだって思うんだ





けどね









眠って起きても

朝になれば悩みは消える



そう思って眠りについても、
僕の右脳は君を離さない。




今の僕は、今の僕は、
ただのグレープフルーツ

とりあえず、うん

「私だけをみてればいいんだよ」

て君がそんなことを言うから


僕は君ばかりをみてる


そんな振りばかりしてたんよ



君とマックシェイクを飲んで


みどりの公園を横切れば


君と何か悪いことをしてみたい


そんな風に思ったりもするけど


僕は   いいこでいたいんよ




「私だけをみてればいいんだよ」


うん



とりあえず




前の7件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。